こんなのあり?予想外の社員研修

中小企業から研修のため大きな会社へ移動したら待遇がよかった

研修のために、大きな会社へ一時的に移動することが決まったとします。中小企業とは待遇が全く違うことが多いので、初めはその差に困惑するかもしれないです。大きな会社は中小企業にいた時より給料は2から3割ほど上昇し、社員食堂の食事は格安か無料の場合もあります。また、建物が大きく駐車場も広いので、初めて来た際は迷ってしまうこともあります。
研修で働く仕事の内容は、時代の最先端にいるかのような難しい仕事を任せられることが多いです。ただ、研修目的はそれを学び自身の手でこなせるようになるためなので、落ち着いてじっくりと学習しながら仕事のやり方を身につけていきます。研修が終わり元の会社に戻った時は、同僚の社員達へ研修で学んだ知識を教えてあげましょう。

研修の場所が海外の大都市の場合もある

企業は海外にも拠点を持つ所が多いため、そのせいか研修場所も海外になることもあります。初めて来た時は海外での行動に悩むかもしれないですが、研修場所には日本人もいるのと日本語がわかる人もいますので安心して下さい。研修の内容は専門的な知識を学習、または日本でも使う機械か何かの製造技術を学ぶことです。指導をしてくれるのは英語で話す指導員の場合もありますが、通訳をしてくれる人もいるので大丈夫です。ここで教わったことはメモをして覚えておき、日本に帰ってから役立てましょう。
日本との大きな違いは食事ですが、日本食は海外でも人気があるため、探せば日本食を食べられる店はあります。また、一緒に研修に来た日本人が必ずいるはずなので、外食をするなら誘ってみるのも良いです。